Bitget(ビットゲット)の評判や10つの利点・3つの欠点を深掘り Bitget(ビットゲット)の評判や10つの利点・3つの欠点を深掘り | aruh Web3.0

広告 海外取引所

Bitget(ビットゲット)の評判や10つの利点・3つの欠点を深掘り

この記事を読んでいる方は、

Bitgetを使い始めたけど、評判はいいの?

サービスは充実してるけど、安全性がないと使うのは心配....

と思われているかと思います。

折角Bitget(バイビット)で稼げたのに、安全性が高くなく『資金が消えた』なんて事があったら恐ろしいですよね。

このように、Bitgetの評判が高いのか心配している方の為に、今回はユーザーの生の声を参考にして評判について徹底的に深掘っていきたいと思います。

勿論、まだBitgetの登録が済んでいない初心者の方にも参考になる記事となっていますので、これから始める為の情報収集として活用していただけると幸いです。

Bitgetの会員登録をしたい方は、以下の記事を見ながら登録を済ませてください。

Bitget(ビットゲット)の登録はこちら

Bitget(ビットゲット)の4つのメリット、登録方法などを徹底解説

2023/10/11  

この記事を読んでいる方は、 と思われている方も多くいらっしゃると思います。 『Bitget』は日本の取引所よりも取扱い通貨数が多いのは勿論のこと、デリバティブ取引にも力を入れており最大のレバレッジ倍率 ...

また下のボタンを押していただくと、すぐに登録画面に飛ぶことが出来ますよ。

Bitget登録はこちら

Bitget(ビットゲット)の基本情報をおさらい

まずはBitget(ビットゲット)の基本情報についておさらいしましょう。

基本情報については、以下の表に纏めましたのでご覧下さい。

設立会社Bitget Limited(シンガポール)
設立年2018年
利用者数800万人以上
全世界累計利用者数2000万人
日本語対応有り(16言語対応)
海外展開世界160ヵ国
最大レバレッジ125倍
1日の取引量100億USDT
取引手数料先物:0.02%(Maker手数料)、0.06%(Taker手数料)
現物:なし
入金方法仮想通貨入金orクレジットカード入金
コピートレード可能
追証なし
スポンサーユヴェントス
ガバナンストークンBGB
Bitget Twitterアカウント(日本)https://twitter.com/BitgetJP
公式サイトhttps://www.bitget.com/ja/

Bitget(ビットゲット)は、コピートレードの取引高が世界一と言われており好評です。

現時点では、およそ11万人のエリートトレーダー54万人を超えるフォロワー(コピートレードを行うユーザのこと)合計65万人のBitgetユーザーがコミュニティを形成しており、規模は非常に大きいと言えるでしょう。

また、特徴的な点としては、ガバナンストークンである『BGB』を発行している点です。

ガバナンストークン

DAO(分散型自律組織)において、意思決定の議決権を持つために必要なトークンを指す

意思決定に参加できるだけでなく、仮想通貨の取引をする際の『手数料の割引』『ローンチパッドの参加』も出来たりする為、BGBはBitgetプラットフォーム上で重要な役割を果たしていると言えます。

Bitgetが今後ユーザー数が増えれば、BGBも必然的に使われるため、利用者が増えれば値上がりが見込めるということです。

独自通貨BGBについて詳細に学びたい方は、以下の記事をあわせてご覧いただくと理解が深まるでしょう。

あわせて読みたい

【初心者OK】仮想通貨BGBを保有するメリット、将来性について解説

2023/12/24  

この記事を読んでいる方は、 など関心を持っている方もいらっしゃると思います。BitgetでBGBを保有するなら、今後値上がりするのか将来性についても知りたいですよね。 この記事では、BGBをBitge ...

次の項からは、Bitget(ビットゲット)の長所と短所を掘り下げていきます。その後に、実際にユーザーがプラットフォームを使って思っている事をいくつか列挙してします。

Bitget(ビットゲット)の10つのメリット

Bitget(ビットゲット)を使うメリットは10つありますので、順を追って説明します。

コピートレードが好評

コピートレード

他のプロトレーダーの取引を完全に真似して取引できるトレード方法。

冒頭でも説明したように、Bitgetのコピートレードは取引高が世界最大級という特徴があります。

Bitgetでは厳格な審査を通過した選りすぐりのプロトレーダーの真似を出来るので、トレードのスキルがない初心者でも安心して取引をする事が可能です。

Bitgetのコピートレードについて詳細を知りたい方は以下の記事を読んでいただくことをお勧めします。

あわせて読みたい

Bitget(ビットゲット)のコピートレードのやり方や手数料について解説

2023/11/21    

この記事を読んでいる方は、 と思っている方も多いと思います。 Bitgetのコピートレードは取引量が世界一を誇り、総勢1万人以上のトレーダーからお好きな人を選ぶことが出来るのが魅力です。 プロのトレー ...

取引手数料が安い

手数料が安いのも魅力です。特にBitgetは先物取引手数料が安い点で定評です。

他の取引所(Bybit,MEXC)と比較した表は下記の通りです。

取引所現物取引手数料先物取引手数料
Bitget(ビットゲット)Maker:0.1%(BGB利用で0.08%)
Taker:0.1%(BGB利用で0.08%)
Maker:0.014%
Taker:0.042%
Bybit(バイビット)Maker:0.1%
Taker:0.1%
Maker:0.02%
Taker:0.055%
MEXC(エムイーエックスシー)Maker:0.2%
Taker:0.2%
Maker:0.02%
Taker:0.03%

先物手数料の『Taker手数料』に関しては、MEXCに軍配が上がりますが、この3社の中では総じてBitget手数料が安いと言えるでしょう。

セキュリティ面で安心

Bitgetは安全性が高いプラットフォームとして知られています。

KYC認証の義務化

特に『KYC認証』は、ユーザーの安全を担保していると言えるでしょう。KYC認証は顧客の本人確認の一環として行う認証のことですが、2023年9月1日からこの認証が義務化されました。

そのため、KYC認証を終えない限りはサービスにアクセス出来ない為、必ず行わなければならなくなりました。

Bitget保護基金

さらに、仮にユーザーのセキュリティが脅かされて資産が失われたとしても、『Bitget保護基金』があるので安心です。

Bitget保護基金

Bitget保護基金とは、ユーザーが口座の漏洩やハッキングによる資産の盗難にあった場合、補償を申し込む事が出来る基金のこと。

現在、保護基金にはユーザーの資産を守るために約3.5億ドルもの仮想通貨を抱えていますが、その半数以上はボラティリティが低いUSDCやUSDTなどの『ステーブルコイン』で構成されている点は安心材料でしょう。

したがって、Bitgetでは資産の流出を未然に防ぐセキュリティ対策をするとともに、万が一資産が流出した場合でも補填してくれる仕組みがある点がメリットです。

BGBを保有する事による特典が充実

冒頭でも述べましたが、ガバナンストークンである『BGB』を保有することによって、様々な特典を受けることが可能です。

BGBを保有することによる特典は以下のとおりです。

BGB保有特典

  • ローンチプール(人気銘柄や新規トークンのステーキングを行うことが出来る仕組み
  • ローンチパッド(知名度の低い優良銘柄をいち早く購入出来る仕組み)
  • BGBでの支払いで現物取引手数料が20%割引される
  • グループコイン(BGBを一定量保有することにより、主要トークンを割安で購入出来る仕組み)
  • 出金手数料が1日1回無料になる
  • BGBの保有量に応じて享受できるVIP特典

現時点(10月8日)で得られる特典は以上の通りですが、今後も新しい特典が増えていく(例えば、デフレメカニズムの導入、BGB Earnのサブスク割引、一部のEarn商品で追加利息を得られる特典など)ため、今後もBGBの保有者は増えていくでしょう。

さらに、海外の大手取引所である『MEXC』においても、2023年7月31日に上場しましたので、価値上昇に期待しましょう。

取引仮想通貨数が多い

Bitgetは取り扱い仮想通貨種類が多いです。

現在(2023年10月8日)で取り扱っている仮想通貨数は以下のとおりです。

取引種類通貨数取引ペア数
現物取引571648
デリバティブ取引221

最大125倍でのレバレッジが出来る

Bitgetでは高倍率でのレバレッジ運用が可能です。

また、Bitgetはゼロカットシステムの採用をしているので、急激な価値の暴落に直面しても借金になる前に損切りしてくれます。

しかし、レバレッジは倍率が上がれば上がるほど、大きな損失を被るリスクもあるので、慎重に行いましょう。

ゼロカットシステムについては、後ほど詳しく説明します。

豊富なキャンペーンを行っている

Bitgetはキャンペーンにも力を入れているプラットフォームです。

キャンペーンは常時開催期間限定のものの2つに分かれます。主なキャンペーンの種類としては下記の通りです。

キャンペーン内容特典日程
KYC認証3ドルクーポン獲得常時開催
初回の現物取引が200ドル以上5ドルのクーポンが獲得常時開催
公式Telegramの参加5USDT獲得常時開催
初回入金最大5005USDTを獲得常時開催
紹介プログラム最大3000USDT獲得2022年4月20日~
【VIP先着500名】最大50Uの先物取引ボーナス&100U相当のコールドウォレットプレゼント2023年12月31日
Botコピートレードへの参加最高7万USDTのトリプル報酬獲得2023年9月27日17時~2023年10月20日17時(日本時間)
エリートトレーダーとしてBitgetに参加6%の利益シェアを獲得(条件あり)
2023年9月20日〜2023年10月31日
KCGI先物取引大会・キャプテン特典→最大4000BGB
・大会参加→100万円相当のボーナスの山分け
・日本人限定で、参加登録により最大50BGBを得られるキャンペーンを実施中
2023年9月10日11時〜2023年10月31日23時59分

Bitgetではこれ以外にも、常にキャンペーンがアップデートされますので、最新の情報を知りたい方はこちらから公式サイトの情報に飛んでください。

日本語対応をしている

公式サイトは勿論のこと、スマホアプリでも日本語対応が充実しているのが特徴です。

誤訳もないので、日本人でも不自由なく使えます。

さらに、『BGBOT』と呼ばれるオンラインカスタマーサービスもあり日本語は勿論のこと多言語対応しております。

以下がBGBOTのチャット画面です。

このように、ユーザーが持っているであろう悩みを選択形式で提示してくれるので、楽ですね。

ゼロカットシステムの採用

Bitgetではゼロカットシステムの採用もしています。

ゼロカットシステム

先物取引をする際、担保として入れた証拠金以上の損失が発生する前に、強制的に決済される仕組みのこと。つまり、借金に陥る前に自動的に取引を停止してくれるシステムのことを指す。

ゼロカットシステムを採用しているので、『追証』がありません。国内取引所(コインチェック、ビットフライヤー等)では、追証は必ずあります。

日本ではそもそも、追証なしを採用することが法律で禁止されている為です。

ゼロカットシステムがある事で、仮に通貨が暴落したとしても損失を最小限に食い止めてくれるわけです。

デモトレードが可能

デモトレード

模擬取引環境のこと。仮想通貨取引の初心者が取引スキルを磨くために無料で練習することができる仕組み。実際の資金を使う事がないので、リスクゼロで取引が可能。

Bitgetのデモトレードでは、以下の3種類のデモトレードが出来ます。

3種類のデモトレード

  • USDT-M先物
  • Coin-M先物
  • USDC-M先物

先物取引は現物取引よりも、使いこなすのが難しいのでデモトレードで練習してから、実際の資金で取引を行ってみることをお勧めします。

Bitget(ビットゲット)の3つのデメリット

金融庁からの警告を受けている

デメリットというよりも懸念点ですが、今年の3月に「無登録で仮想通貨交換業を行う者」と金融庁からの警告を受けています。

Bitgetを利用する事は違法ではないですが、過去にBinanceと呼ばれる海外取引所も、日本居住ユーザーの新規登録の停止を発表しているので、Bitgetも将来的に撤退するリスクはゼロではありません。

万が一このような状況になった時に備えて、複数の取引所を登録しておくことをお勧めします。

最低入金額が設定されている点

Bitgetでは入金するにあたっての最低額が設定されている点が注意点です。もし最低額を下回る資産を入金した場合、反映されず返済もされないので、注意が必要です。

最低入金額に関しては、通貨ごとに異なりますので下記の表を参照してください。

通貨最低入金額
BTC(ビットコイン)0.00001BTC
ETH(イーサリアム)0.001ETH
USDT0.1USDT
XRP(リップル)0.1XRP

また、ネットワーク(チェーン名)が異なると入金が反映されませんので、入金する際は『入金元』のチェーンと一致しているかを必ず確認しましょう。

日本円で直接仮想通貨を購入できない

コインチェックやビットフライヤーを始めとした国内取引所では、日本円を入金して直接仮想通貨を購入出来ますが、Bitgetでは日本円が対応していません。

その為、国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入してBitgetに送金するか、クレジットカードを利用して購入するかの流れになります。

しかし、クレジットカード購入は手数料が高いといった特徴がありますので、前者の方法をお勧めします。

送金はXRP(リップル)が一番手数料を抑えられるので、XRP(リップル)で送金作業を行いましょう。

送金方法に関しましては、以下の記事でも説明しています。

あわせて読みたい

【簡単】Bitget(ビットゲット)の入金方法や手数料について解説

2023/12/24  

この記事を読んでいる方は、 と思われている方は多いのではないでしょうか。 Bitgetの入金は4種類ありますが、種類によって手順や対応する通貨が異なるため、入金する前に把握する必要があります。 この記 ...

Bitget(ビットゲット)ユーザーの生の声

これから、Bitget(ビットゲット)を利用する方や初心者の方は、実際のユーザーがサービスを利用してどのように感じたか知りたいと思います。

ですので、ポジティブ面とネガティブ面で最も多かった意見を調べました。

良い評判

ユーザーの良い評判としては、以下の声が多かったです。

良い評判

コピートレードの種類が豊富(現物、先物、Botの3種類)な点が良い

アプリが使いやすい(日本語の誤表記がない、初心者にとっても使いやすいインターフェース)

悪い評判

ユーザーの悪い評判としては、以下の声が多かったです。

悪い評判

コピートレードで失敗した

日本円で直接取引することが出来ない

特にコピートレードの評判が多かったですが、良い評判と悪い評判に分かれました。

コピートレードは、チャートに張り付く手間も省ける手間を省けるのに加え、トレード知識がない初心者にとっても助かるサービスです。

しかし、トレーダー選びを間違えると大きな損失を被るリスクがあるため、十分な注意が必要です。(筆者も初めてコピートレードを行った時は、上手く稼ぐ事が出来ませんでした)

トレーダーを選ぶ際は、過去の収益率や適切なタイミングで損切をしているのかなど、吟味する必要があります。

まとめ

今回の記事を通して、『独自通貨BGB』を発行していてコピートレードに強みがある点や、手数料が安めといったBitgetの強みを理解していただけたと思います。

Bitget(ビットゲット)はキャンペーンが非常に充実しており、ユーザーがサービスを使えば使うほど得をする仕組みがあります。先ほども述べたように、キャンペーン内容は頻繁に更新されますので適宜公式サイトを閲覧することをお勧めします。

この記事のポイント

  • ガバナンストークン『BGB』を保有する事で様々な特典を得られる。
  • Bitget(ビットゲット)では、ユーザーにとってお得なキャンペーンを多数実施中。
  • コピートレードの規模は世界最大級。(60万人を超える大規模なコミュニティを形成)
  • コピートレードは良い評判に悪い評判に二分化(トレーダー選びが重要)

この記事を読んで、『Bitget(ビットゲット)を初めてみよう』と思われた方は、以下の記事から登録作業を進めてくださいね。

Bitget(ビットゲット)の登録はこちら

Bitget(ビットゲット)の4つのメリット、登録方法などを徹底解説

2023/10/11  

この記事を読んでいる方は、 と思われている方も多くいらっしゃると思います。 『Bitget』は日本の取引所よりも取扱い通貨数が多いのは勿論のこと、デリバティブ取引にも力を入れており最大のレバレッジ倍率 ...

また下のボタンを押していただくと、すぐに登録画面に飛ぶことが出来ます。

Bitget登録はこちら

-海外取引所