Bitget(ビットゲット)のコピートレードのやり方や手数料について解説 Bitget(ビットゲット)のコピートレードのやり方や手数料について解説 | aruh Web3.0

広告 コピートレード 海外取引所

Bitget(ビットゲット)のコピートレードのやり方や手数料について解説

この記事を読んでいる方は、

Bitgetのコピートレードの強みは何なのか

Bitgetのコピートレードのやり方を知りたい

取引にかかる手数料など知りたい

と思っている方も多いと思います。

Bitgetのコピートレードは取引量が世界一を誇り、総勢1万人以上のトレーダーからお好きな人を選ぶことが出来るのが魅力です。

プロのトレーダーや専門家の取引を完全にコピーする事が出来るので、初心者にもオススメのトレード方法になっています。

しかし、中には収益稼ぎのためだけに登録しているトレーダーもおり、トレーダー選びを誤ると『全然稼げなかった』という事にもなりかねません。

今回の記事では、Bitgetのコピートレードを行うメリットやデメリットそして取引をするにあたっての手数料を説明した上で、実際にコピートレードを行う方法についても解説して行きます。

まだ、Bitgetについてよく知らない方や、登録をしていない方は以下の記事を参考にしよう!

あわせて読みたい

Bitget(ビットゲット)の4つのメリット、登録方法などを徹底解説

2024/6/17  

この記事を読んでいる方は、 と思われている方も多くいらっしゃると思います。 『Bitget』は日本の取引所よりも取扱い通貨数が多いのは勿論のこと、デリバティブ取引にも力を入れており最大のレバレッジ倍率 ...

Bitgetのコピートレードの特徴

コピートレード

他のプロトレーダーの取引を完全に真似して取引できるトレード方法。

Bitgetのコピートレードでは、Bitgetの審査を通過した優秀なプロトレーダーの取引を自動的かつ瞬時にコピー(真似)することが可能なので、初心者や普段チャートを見る時間がない方にもおすすめです。

また、冒頭でも述べたようにBitgetはコピートレードが世界最大級の取引所として知られています。

具体的な数値としては、12000人もの優秀なトレーダーが1億ドルの収入、約40万人のユーザーが1億2千万ドルの収入を蓄積しています。

さらに、我々のようなユーザー(Bitgetではフォロワーという)が稼いだ収入の8%をプロトレーダーに支払うという仕組みがあります。その為、我々は取引手数料+トレード手数料の2つを支払う必要があります。

そして、Bitgetのコピートレードでは3つの取引種類が設けられています。それは以下の通りです。

コピートレードの取引種類

  • 現物コピートレード
  • 先物コピートレード
  • Botコピートレード

Bitgetコピートレードを行うメリット・デメリット

メリット

セキュリティの安全性

Bitgetは、我々顧客の資産を守ることを目的として、『Bitget保護基金』を設けています。

この基金は、取引に際して資産の盗難にあったときに、ユーザーがBitgetに対して損失の補償を求める事ができます。

現在、具体的な保護基金として準備されている金額は約3.5億にものぼります。

この基金の大きな特徴としては、準備金の半分をUSDTやUSDCなどの主要なステーブルコインにすることで、ユーザーが『ボラティリティの高さ』のリスクにさらされるのを防ぐ事が出来るのが魅力と言えるでしょう。

また、『プルーフオブリザーブ』という仕組みもあります。

プルーフオブリザーブ

日本語で言うと『準備金の証明』。Bitgetなどの取引所が、ユーザーの資金的な安全を保証するために十分な準備金を抱えているのかを証明する事を目的としている。

プルーフオブリザーブでは、大手監査法人などの第三者機関に監査を依頼して、準備金がどれだけあるのかを公開します。Bitgetは2023年9月10日現在、ユーザの保有資産の『208%』(つまり準備率208%)の準備金を保有していることが証明されているので、ユーザーにとっては安心材料でしょう。

主要通貨の準備率の内訳としては以下の通りです。

ビットコイン(BTC)416%
USDT132%
イーサリアム(ETH)159%
USDC1839%
Bitget公式サイトから引用

上の表を見ると、主要通貨やステーブルコインの準備率はいずれも100%を超えている事がわかります。

自動的に投資してくれる

この点は、『子育てで忙しい主婦の方』『あまり時間が取れない社会人の方』『仮想通貨の投資についての知識が乏しい初心者の方』にとっては助かる点だと思います。

ボラティリティが高い仮想通貨では、特に『利確』や『損切』が重要となってきます。

Bitgetのコピートレードは自動的にこれらの動作を行ってくれるので、一日中チャートに張り付く時間も不要となります。

しかし、コピートレードは100%利益が出るわけではないという事も念頭においてください。

多額の資金を入れれば入れるほどその分リスクも付きまとうので、損失を許容できる資金を入れるのがおすすめです。

選択出来るトレーダーの数が多い

Bitgetでは優秀なトレーダーが12000人以上在籍します。その為、ご自身の好きなトレーダーを探す事が出来ます。

また、トレーダーを探す際に、コピーの対象となる全てのトレーダーがこれまでどのような実績をあげてきたのかが一目で分かるようになっているので、使いやすい点です。

Bitgetではトレーダーの実績項目を詳細に見ることが出来ます。

見ることが出来る実績項目は以下の表のとおりです。

見れる実績項目

  • ROI(投資収益率)
  • 注文数
  • フォロワー数
  • 合計収益
  • 勝率
  • 運用資産残高
  • 取引頻度
  • コピートレード・コインペア
  • 登録日数(トレーダーとして登録して何日経過したか)
  • 総資産

▼スマホでの画面を以下に載せておきます。

このようにプロトレーダーの『ステータス』では、トレーダーがこれまで積み上げてきた実績を見ることが出来ます。

人気なトレーダーはすぐに満員になってしまうので、『空き』になるまで待機する必要があります。

Bitgetには、『スロットリマインダー』という機能があります。

この機能は、フォローしたトレーダーに空きが出た場合、お知らせしてくれる機能です。是非活用しましょう。

アルトコインのコピートレードが可能

これは大きな特徴であると言えます。アルトコインでコピートレードが出来る取引所はほとんどないのが現状です。(ビットコインしか対応していない取引所が多い)

デメリット

手数料が2種類かかる(取引手数料+トレード手数料)

まず、Bitgetの手数料について表をまとめました。

手数料(項目)手数料率
現物取引手数料メイカー手数料:0.1%(ただしBitget独自通貨であるBGBを使うと0.08%

テイカー手数料:0.1%(ただしBitget独自通貨であるBGBを使うと0.08%
先物取引手数料メイカー手数料:0.017%

テイカー手数料:0.051%
出金手数料ネットワークごとに異なる

○主要通貨
ビットコイン(BTC):0.0003BTC
Bitget Token(BGB):2.27BGB
イーサリアム(ETH):0.00074ETH
入金手数料無料
資金調達率(スワップ金利)時間によって変動する

コピートレードでかかる手数料は先物手数料に利益分配率を加算した値になります。

『利益分配率』は、先ほど述べたトレーダーに支払う手数料のことですが、Bitgetではコピーするトレーダーによって4%〜8%の間で変動すると言われています。

自分のトレードの実力は向上しない

これは当たり前の話ですが、プロトレーダーに全てを任せる為、自分のスキルは上達しません。

ご自身のスキルを上げたいと思っている方は、『インサイト』を通じて仮想通貨についての動向、市場見解、取引戦略等を学ぶことが出来るので、ここでスキルを磨きましょう。

詳細に関しては、インサイトのウェブサイトをご覧ください。

さらに、Bitgetではプロトレーダーの注文履歴も見ることが出来ます。プロトレーダーがどのポジションで注文したのかなど、見る事が出来るので参考にするといいでしょう。

したがって、コピートレードは実際に取引をする機会はないが、インサイトやトレーダーの注文履歴など見る事でコツやノウハウを得られる機会はあると言えます。

トレーダーの選定を誤ると損するリスクがある

優秀なトレーダーを見極められず下手なトレーダーを選んでしまうと、得をするどころか損をしてしまう事にもなりかねません。

見れる実績項目

  • ROI(投資収益率)
  • 注文数
  • フォロワー数
  • 合計収益
  • 勝率
  • 運用資産残高
  • 取引頻度
  • コピートレード・コインペア
  • 登録日数(トレーダーとして登録して何日経過したか)
  • 総資産

Bitgetでは先ほど述べたように上記の指標を見る事ができますが、優秀なトレーダーを選定する為には以下の項目を重点的に見る必要があります。

重点的に見るべき指標

  • 取引額の合計
  • ROE(投資収益率)
  • フォロワー数
  • 未決済のポジションにマイナスがないか(あってもプラスか)

ROE(投資収益率)に関しましては、簡単にいうと高ければ高いほどトレーダーが安定して利益を稼げているかを表す指標になります。

未決済のポジションにマイナスがないか(あってもプラスか)』に関しては、

未決済のポジションがマイナス=自分が利益を上げた取引だけを決済し、利益を水増ししている可能性があるので、信頼性は低いと言えるでしょう。

以下の画像を見てみましょう。

プロトレーダーのプロフィールに入り『資産概要』を下にスクロールすると、下の画面のように『ポジション期間』の項目が出てきます。

このトレーダーは、青枠の通りしっかり損切しているので信頼性が高いと言えます。

4つの項目は良いトレーダーを選定するためにも、コピートレードする前に確認しておきましょう。

コピートレードを始める方法

これから話す説明は、ご自身のBitget口座に入金してある前提で解説したいと思います。

入金の方法についての記事は後日掲載致します。

コピートレード用の口座に振替を行う

Bitgetでは、コピートレードをする為にまず、専用の口座に振替をしなければなりません。

▼まずは、下記のようにコピートレードのトップ画面を開いたのちに右下にある①『資産』をクリックした後、②『振替』ボタンを選択します。

▼以下の画面が現れますので、『USDT』を選択します。(この時点ではUSDTが口座に入っている前提で話しているので、違う仮想通貨をお持ちの場合はUSDTに換金しましょう。)

▼振替元を『現物』にし、〜の所を『USDT-M 無期限』にして下さい。プルダウンで振替先は変更することが出来ます。

その後、送金額を設定しましょう。

振替作業を行うことで、最大125倍のレバレッジ取引が出来るようになります。

先物の口座に無事反映されていたら、振替は成功です。

次にコピーするプロトレーダーを選択する方法を解説いたします。

コピーするプロトレーダーを選択する

トレーダーの選択をしましょう。

▼まず、右下にある①『コピトレ』を押した後に、②『先物』をクリックします。先物にする理由は、今回は先物口座に仮想通貨を振り替えた為です。

③次に実際にトレーダーを選択してみましょう。『トレーダー』からご自身のお好きなプロトレーダーを選択します。

下の画面のように、『満員』のトレーダーは人気があり現在コピーが出来ないので、満員ではないトレーダーを選択して下さい。

▼ご自身のお好きなトレーダーを選択すると、次のような画面が現れます。『コピー』の黒いボタンをクリックしましょう。

また、その隣の『フォロー』を押せば、ご自身のプロフィールページでフォローしたトレーダーを見る事が出来ます。

コピートレードの設定を行う

▼次に設定をしていきます。

下の画面では『利益分配率10%』と書いてありますが、先ほど申し上げた通り、発生した利益に対するトレーダーの取り分という意味です。

例えば、5万円の利益を上げた場合は利益分配率10%の場合、5000円をトレーダーに分け与えるという意味

①『先物取引ペア』では、コピーする取引ペアを選択する事が出来ます。

この選択できる取引ペアに関しては、トレーダーによって異なります。

初めは全ての取引ペアが選択されている状態ですが、ご自身で取引をしたくないペアがある場合、外す事が出来ます。

そして、②『コピートレードモード』の欄にある、『初期マージン』というのは、一回当たりのポジションの量の上限をUSDT換算で固定することが出来る設定です。

10USDT〜20000USDTの設定することが可能です(1USDT≒1USD)。

また『固定レバレッジ』というのは、トレーダーのポジションに対して何倍にするのかを設定する項目です。

例えば、コピーするトレーダーが100USDTのポジション量を取ったとします。固定レバレッジで3倍に設定した場合、300USDTの注文がされます。0.1倍にした場合は、10USDTの注文がされます。

なお、固定レバレッジの倍率は0.01倍〜100倍に設定することが可能です。

高倍率のレバレッジに慣れていない初心者は、最初は『0.1〜0.5倍』でやってみることをお勧めします。

▼下記の画面はリスク管理をクリックした後に現れる画面です。

③『リスク管理』というのは、損切り比率や利確比率を設定することが出来る項目です。

また、最大ポジション量を設定することもできます。

これを設定することで、指定した金額以上のトレードに対してはコピートレードを行わない設定をすることが出来ます。

特にここは初心者の間は無理して設定しなくても良いと思います。

折角良いプロトレーダーを選択することが出来たとしても、この設定で失敗しては元も子もないためです。

デフォルト設定の際は、損切りと利確のラインはトレーダーと同じになっております。

まずは複雑な設定をせずに一度少額でコピートレードをしてみるのが重要です。

これで全ての設定が終わりましたお疲れ様でした。

まとめ

コピートレードは、普段チャートを見る時間がないサラリーマンの方や学生の方、さらに初心者の方にも便利なトレード機能であることを理解いただけたと思います。

コピートレードで重要なことはトレーダーの選定です。先ほど話したように利益を良く見せる信頼性の低いトレーダーもいるので慎重に見極めるようにしましょう。

また、今回は先物コピートレードの始め方を説明しましたが、初心者で慣れてない方は現物コピートレードを始めにやってみるのも一つの手だと思います。

この記事のポイント

  • Bitgetは数少ないアルトコインのコピートレードを出来る取引所
  • 『Bitget保護基金』や『プルーフオブリザーブ』などの仕組みがあり、ユーザーの安全に寄り添っている。準備率は208%と高い水準にある
  • コピートレードをやる際に重点的にみるべき指標は取引額の合計、ROE(投資収益率)、フォロワー数、未決済のポジションにマイナスがないか(あってもプラスか)
  • 優秀なトレーダーを慎重に見極めないと、利益を上げるどころか損を抱えてしまうリスクもある

この記事を読んで、まだBitgetを登録していない方は下の記事を参考にして登録を済ませましょう。

登録方法はこちら

Bitget(ビットゲット)の4つのメリット、登録方法などを徹底解説

2024/6/17  

この記事を読んでいる方は、 と思われている方も多くいらっしゃると思います。 『Bitget』は日本の取引所よりも取扱い通貨数が多いのは勿論のこと、デリバティブ取引にも力を入れており最大のレバレッジ倍率 ...

-コピートレード, 海外取引所
-