【初心者ok】仮想通貨BGBを保有するメリット、将来性について解説 【初心者OK】仮想通貨BGBを保有するメリット、将来性について解説 | aruh Web3.0

広告 仮想通貨 初心者お勧め記事 海外取引所

【初心者OK】仮想通貨BGBを保有するメリット、将来性について解説

この記事を読んでいる方は、

仮想通貨BGBの将来性はあるのか

BGBをBitget内で保有することによってどのようなメリットを享受できるのか

など関心を持っている方もいらっしゃると思います。BitgetでBGBを保有するなら、今後値上がりするのか将来性についても知りたいですよね。

この記事では、BGBをBitgetプラットフォーム上で保有する事でどのようなサービスを得られるのかを具体的に説明した上で、将来性についても深ぼって説明していきたいと思います。さらに、実際に『BGB』をどのように購入できるのか、方法についても解説していきたいと思います。

最後までご覧いただけると幸いです。

まだBitgetの登録が済んでいない方は、下記のボタンを押して登録画面に飛びましょう。

Bitget登録はこちら

登録方法に関しましては、下記の記事もご参照して下さい。

あわせて読みたい

Bitget(ビットゲット)の4つのメリット、登録方法などを徹底解説

2024/6/17  

この記事を読んでいる方は、 と思われている方も多くいらっしゃると思います。 『Bitget』は日本の取引所よりも取扱い通貨数が多いのは勿論のこと、デリバティブ取引にも力を入れており最大のレバレッジ倍率 ...

独自通貨BGB(Bitget Token)の概要

BGB(Bitget Token)を短く説明すると、以下の通りです。

BGB(Bitget Token)

海外仮想通貨取引所の『Bitget』が発行する、独自トークンのことである。BitgetはこのBGBを独自トークンとして、保有者が多様な利益を享受して、プラットフォームの成長と共にユーザーも利益を得ることを目指している。

下にBGB の基本情報を記載しました。

仮想通貨名BGB(Bitget Token)
チェーンERC-20
発行日2021年7月26日
コントラクトアドレス0x19de6b897Ed14A376Dda0Fe53a5420D2aC828a28
循環供給量1,400,000,000
総供給量2,000,000,000
価格65.86円(2023年12月24日現在)
時価総額$624,243,870(2023年9月16日現在),
取り扱い取引所Bitget・MEXC・Bitfinex
BGBホワイトペーパーhttps://img.bitgetimg.com/video/BGB-whitepaper-JP.pdf (2023年4月24日に新ホワイトペーパーが公開した)
BGB(Bitget Token)概要

BGBは『ERC-20』規格で作られた仮想通貨

ERC-20

ERC-20とは、一言で言うと『トークンの規格の一種』であり、イーサリアムブロックチェーンと互換性を持つ暗号資産を作るための規格のことである。ERC-20のトークンは現在50万以上存在する。

ERC-20に準拠したトークンである事によって、ERCに対応した仮想通貨ウォレット、例えば『Metamask』などに一括管理する事ができるようになります。

取引所等に仮想通貨を預けるのではなく、個人で管理することが出来るのでセキュリティの面でも安全です。

また、ERC-20トークンにはイーサリアムチェーンの特徴である『スマートコントラクト』の機能も備わっている事もメリットと言えるでしょう。

スマートコントラクト

あらかじめ決められたルールに沿って自動的に実行されるプログラム。日常生活に例えると、自動販売機の仕組みに似ている。自動販売機も、決められた金額を入れ希望の商品のボタンを押すと、自動的に売買が実行される。

スマートコントラクトには、第三者機関が必要ないので無駄な仲介コストを減らせるというメリットがあります。

さらに、プログラムで自動的に実行される事から、透明性やセキュリティが高いという特徴もあると言えます。

時価総額に関して

表に書いてあるように、BGBの時価総額は$624,243,870(2023年9月16日現在)です。時価総額の順位は仮想通貨の中では210位であり、現時点では主流の通貨にはなっていない状況です。

しかし、『BGBの将来性』後述しますが過去に大きく値上がりした事もあり、将来性のある通貨であると言えます。

今後価格が上がっていくか下がっていくかは、取引所であるBitgetの評判の良し悪しや経営状況に左右されるでしょう。

また、BGBはシンガポールに拠点を置く取引所の『MEXC』でも2023年7月31日に上場したことから、認知度が高まれば必然的に価値が上がっていくことが考えられます。ちなみにMEXCは、2018年に総ユーザー数が1000万人以上の世界トップレベルの仮想通貨取引所です。

BGBを保有するメリット・特徴

保有者限定のサービスが受けられる

これは大きなメリットかなと個人的には思います。

Bitgetプラットフォーム上で保有することによって、以下のサービスを受ける事が可能となっています。

保有者が受けられるサービス

  • ローンチパッド
  • ローンチプール
  • スーパーエアドロップ
  • 現物取引手数料の割引
  • トレーダーの利益分配の獲得
  • グループコイン
  • 出金手数料の無料化
  • VIPメンバーシップの獲得
  • BGB earn(ステーキングサービス)への参加
  • 新しいプロジェクトへの投票
  • BGB抽選への参加

バーンのメカニズムを計画している

BGBには、ホワイトペーパーで適切なタイミングでバーンを実施する見込みであると述べています。以下にバーンとは何かの説明を記載いたしました。

バーン

仮想通貨の焼却のこと。暗号通貨の運営・発行主体が発行済み通貨をバーンによって減らすことで、相対的に需要量を高め仮想通貨の価値を高めることが出来る。

バーンはBitgetプラットフォームの収益を使って、市場から通貨を買い戻すことで行っています。

このバーンを適切な頻度で行う事で、BGBの価値の向上に繋げられると言うことです。

BGBの将来性について

結論から言うと、BGBは将来性があると言えるでしょう。

まず初めに過去の価格変動の推移について説明します。

BGBの過去の価値変動について

以下の画像が、これまでBGBが辿ってきた価値変動です。下の画像は世界でも主要な仮想通貨トレッキングサイトでもある、『Coin Market Cap』から引用しました。2022年10月から現在(2023年9月)までの期間のチャートです。

BGBは、2022年第4四半期の10月21日、0.238136ドルまで上昇して史上最高値を記録した希少なトークンの1つです。2023年2月に入ると、BGBの成長はさらに加速しました。0.221995ドル(1月23日~1月29日)、0.223903ドル(1月30日~2月05日)、0.391977ドル(2月06日~2月12日)、0.515241ドル(2月13日~2月19日)と、4週に渡って最高値の更新を継続しました。

BItget公式サイトから引用

特に2023年2月に関しては、上旬のたったの2週間で価値が2倍以上に上昇したことが読み取れます。実際に2023年2月16日には過去最高値を記録しました。

2022年の下半期は仮想通貨が冷え込んでいた中で、ここまでBGBが持ち直しが出来たのは特筆する部分であると言えるでしょう。

持ち直しが出来た理由の一つとしては、Bitgetのローンチパッドの預け入れ通貨にBGBが採用された事が挙げられます。

BGBは仮想通貨が冷え込んだ時期である2022年でも、主要通貨と比較しても非常に高いパフォーマンスを発揮しています。以下の表が、BGBの成長率を簡単に表したものです。

時期仮想通貨の全体的な市況パフォーマンス(成長率や下落幅)
2022年1〜3月(Q1)高値で推移成長率
BTCの5.5倍の成長率
ETHの7倍の成長率
BNB(BinanceCoinの307倍の成長率)
2022年4〜6月(Q2)雲行き怪しい(ステーブルコインであるTerra USDの価値が維持できなくなった騒動・テスラ社のBTCの大量売却など)下落幅
BTC→-57.27%
ETH→−67.52%
BGB→-31.66%
2022年7〜9月(Q3)高値で推移(イーサリアムの大幅アップデート『Merge』など)成長率
BTC→−2.71%
ETH→21.55%
BGB→42.05%(9種類の主要通貨の中では最も成長率が高い)
2022年10〜12月(Q4)雲行き怪しい(暗号通貨取引所の『FTX』が経営破綻)主要通貨の中では唯一過去最高値を更新
BGBの成長率

このように市況が良い時は、他の主要通貨よりも成長率が非常に高く、反対に市況が悪い時は価値の下落幅が小さい事が読み取れると思います。

BGBの将来的な価値変動について

次に、BGBが将来性があると考えられる理由を説明します。

取引量に対する時価総額

価値が上がるのではないかと言われている理由の一つです。

下記の画像はBitget公式サイトから引用した、時価総額(Market Cap)と取引数の比率を示したものです。

BGBは下記の情報のように、1.16で比率が一番小さい事が読み取れます。つまり、取引量に対して市場価値が見合っていないという事です。BGBは現時点で過小評価されていると言うことも同時に理解できるでしょう。

したがってBGBは将来的にポテンシャルがある通貨である事が考えられます。

デフレメカニズムの採用

今後デフレメカニズムを採用する事も、BGBの価値を上げる要因となるでしょう。

様々なサービスを計画している

次の項でも、現在BGB保有者が享受できるサービスについて纏めていますが、これ以外にも新しいサービスが計画されています。

計画されているサービスは以下の通りです。

計画されているサービス

  • BGB Earnのサブスク割引
  • 先物取引のボーナス獲得
  • 一部のEarn商品での追加利息または利益を得られる

今後サービスがさらに普及していけば、保有者が増えさらに価値が上がっていく事が考えられるでしょう。

BGBをBitget上で保有する事で得られるサービス

ローンチパッド

ローンチパッド

ローンチパッドとは、上場前の仮想通貨を早急に割安で購入できるイベントのこと。

Bitgetでは、将来価値が上がるであろう有望な仮想通貨をBitgetの専門家が厳選しているのが特徴的です。

なお参加するためには、期間内に一定のBGBを保有する必要があるなど制約があることは覚えておきましょう。

ローンチプール

ローンチプール

仮想通貨の資産運用方法の一つ。特定の仮想通貨を預けることによって、人気トークンや新規上場したトークンをステーキングする事が出来るサービス。

ステーキングの意味が分からない方のために説明すると、

ステーキング

ステーキングとは、特定の通貨を保有する事によって、ブロックチェーンのネットワークに参加すること。ブロックチェーンの運営に貢献できるので、資産を動かさなくても報酬を得られる仕組みがある。なおBitgetでのステーキングは報酬が1時間単位で発生する。

Bitgetのローンチプールの参加条件は厳しくないので、大多数の人が参加することが出来ます。

登録する際に行う『KYC認証』『BGBを保有している』事がローンチプールの参加条件です。

スーパーエアドロップ

そもそも『エアドロップ』という言葉が分からない方の為に説明すると、

エアドロップ

エアドロップとは、取引所や企業がある条件(仮想通貨の一定保有や、公式アカウント)を設定することで、その条件を達成したユーザーに対して、仮想通貨を無償で配布する仕組みのこと。

Bitgetのスーパーエアドロップに関しては、最低4000BGBを15日連続して保有する必要がありますので、なかなか初心者にとってはハードルが高いと思います。

この条件を達成したユーザーには、新しく上場した仮想通貨を得ることが出来ます。仮想通貨の分配される量に関しましては、エアドロップ期間中のBGB平均保有量によって決まります。つまり、BGBを指定期間内に保有していればいるほど豪華な配布があるということです。

現物取引手数料の割引

現物取引の取引手数料は、BGBを決済として利用することで20%減額することが出来ます。

Bitgetの現物取引手数料は、Maker \Takerともに0.1%ですが、BGBを利用することで0.08%になります。

トレーダーの利益分配の獲得

BGBの保有特典は、ユーザーのみならずトレーダーにも用意されています。ここでの『トレーダー』とは、コピートレードでユーザーがコピーした対価として収益を貰う人の事を言います。

Bitgetでは、トレーダーがBGBを保有する事で、さらに10%多くの利益還元を受ける事が出来ます。

グループコイン

グループコイン

BGBを一定量保有すると、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨を割安(最大50%割引)で購入する事が出来る仕組みのこと。

基本的には、グループコインで購入する人が多ければ多いほど得をする仕組みになっています。

出金手数料の無料化

これは、先ほど説明したBGBの『ステーキング』を行うことによって、複数の暗号資産を出金する手数料が無料になるという事です。

出金手数料が無料になる回数は、ステーキングした金額によっても変わります。

以下の表が、出金回数とステーキング金額の関係を示した表です。

レベル1日当たりの無料出金回数必要なBGBステーク金額利息APY
125002.00%
3125002.00%
10600002.00%
302400002.00%
10010000002.00%

『利息APY』とは複利を考慮した年間収益率のことである。

VIPメンバーシップの獲得

ユーザには、BGBの保有量に応じてVIP特典が付与されます

VIPになる為には、最低30000ドルの入金が必要なので、ほとんどの方にとっては関係ない話だとは思います。その為詳細の特典内容については割愛します。

BGB earnへの参加

BGB earnはステーキングサービスの一種です。

APYは6%と非常に高いですが、人気があるので定員が埋まっている可能性が高いです。

利用する条件は、『KYC認証』の完了と商品ごとに定められている最低入金額を現物アカウントに入れておく必要があります。

BGBの購入方法について

Bitget上でBGBを購入する方法は2種類あります。

現物市場で購入する

Bitgetは基本 『USDT』建てなのでUSDTを保有してからBGBを購入する必要があります。

現物市場での購入方法についての記事は、今後アップします。

少額の資産をBGBに変換する

もう一つの方法は、ご自身の保有する5USDT未満の資産をBGBに交換する方法です。交換手数料に関しては、『2%』に設定されています。

下でやり方を説明します。

▼Bitgetのトップ画面を開き、①『Bitget Earn』を選択したのちに②『BGBゾーン』を選択しましょう。

▼次に現れる画面を下にスクロールすると、入金方法の画面が現れます。

一番下の『小額資産交換』をクリックしましょう。

▼次に以下の画面に遷移します。

現物資産で5USDT未満の仮想通貨があった場合、交換可能な通貨が表示されます。

交換した通貨を選択し、画面のように『変換』をクリックしましょう。

これで小額資産をBGBに交換することが可能です。

まとめ

BGBは、Bitgetプラットフォーム上で保有する事で、限定の特典を受けられる事が分かって頂けたと思います。

Bitgetでは今後さらにBGB保有特典を増やす予定があったり、『バーン』に関しても実施予定です。

今は時価総額は低く、世間の認知度が低いからこそ先行者利益で稼げる可能性もあります。

今のうちにBGBを保有して、価値が上がるのを期待しましょう。

まとめ

  • BGBの時価総額は$624,243,870(2023年9月16日現在)。時価総額の順位は仮想通貨の中では210位であり、現時点では主流の通貨にはなっていない。
  • BGB保有者は、『ローンチプール』や『ローンチパッド』を始めとした保有者限定の特典を複数受けられる。
  • BGBの購入方法は、『現物取引』『小額資産交換』の2種類がある。

まだ、Bitgetの登録が済んでいない方は、下記のボタンから登録を済ませましょう。

Bitgetの登録はこちら

-仮想通貨, 初心者お勧め記事, 海外取引所