Coincheck NFTの使い方を解説[初心者でも分かる] Coincheck NFTの使い方を解説[初心者でも分かる] | aruh Web3.0

広告 NFT

Coincheck NFTの使い方を解説[初心者でも分かる]

この記事を読んでいる方は、

Coincheck NFTの特徴を知りたい

Coincheck NFTは『Opensea』などのマーケットプレイスと比べてどの部分に強み・弱みがあるのか

Coincheckのメリットデメリットを知りたい

と思っている方を多くいらっしゃると思います。

Coincheck NFTは、ダウンロード数最大級の国内取引所の『コインチェック(Coincheck)』で展開しているNFTプラットフォームのことです。

Coincheck NFTはオフチェーンで取引をすることが出来る事から、ガス代が無料である点が大きな特徴です。

ちなみに、海外のNFTマーケットプレイスの「Opensea』では高額なガス代がかかるので、ガス代を抑えたい方にはお勧めです。

オフチェーン

ブロックチェーン上には記録されない取引のことを言う。ブロックチェーンを介さず管理者(コインチェック)のデーターベースに保管されるため、『ガス代』がかからない。

『オフチェーン』に関しては、下の項で解説しています。

その為、『初めはあまり多額の資金をかけたくない』と心配している初心者の方には、非常にお勧めのマーケットプレイスと言えるでしょう。

今回はNFTの初心者やまだ購入した事がない方に対して、Coincheck NFTの特徴や具体的な使い方を徹底的に解説していきたいと思います。勿論、メリットだけでなくデメリットに関しても深ぼっていきます。

最後までご覧いただけると幸いです。

また、Coincheck NFTを行うためには、Coincheckの会員登録が必要となっています。まだ口座登録がお済みでない方は、下のバナーを押して登録を済ませましょう。

また、下に登録方法が説明された記事も用意していますので、見ながら登録を行うことをお勧めします。

コインチェック

コインチェック(Coincheck)の登録方法

【最新版】コインチェックの口座開設から買い方まで完全解説

2023/11/12  

この記事を読まれている方は、 と思っている読者の方も多いのではないでしょうか。 コインチェックはこのような悩みを持つ初心者の方にとっても手軽に始められる仮想通貨取引所なのでおすすめです。そして、今から ...

Coincheck NFTとは?

Coincheck NFTとは、冒頭でも申し上げた通りCoincheck(コインチェック)で展開しているNFTマーケットプレイスのことです。Coincheck NFTは『日本初のNFTプラットフォーム』として知られています。

利用者数は、現在13万人以上となっています。『ガス代が無料』『安全に取引することができる』というメリットがあるのがユーザー数が多くいる秘訣でしょう。

特徴としては、ネットワーク手数料が無料であると言うことでしょう。通常NFTを購入する際はオンチェーン(ブロックチェーン上に取引情報を記録する仕組み)であるので、ガス代がかかりますが、Coincheck NFTでは無料となっています。

ガス代(ネットワーク手数料)

ガス代とは、イーサリアムチェーンにおいて取引する際に必要となる手数料のことである。

ブロックチェーン上に取引情報を記録として残すためには、このガス代がかかります。

取引は『マイナー』と呼ばれる人が、膨大な計算をしてチェーン上に取引情報を記録します。その報酬として、本来はガス代を払わなければなりません。ガス代はトランザクションが増えれば増えるほど、その分取引の情報量も増えることから、上昇していきます。

トランザクション

トランザクションとは、仮想通貨の取引データのことである。トランザクションの中には『送金者』 『受金者』 『送金額』などが含まれる複数のトランザクションをまとめて『ブロック』と呼ばれ、ブロックチェーンに書き込まれる。

しかしCoincheck NFTでは、オフチェーンでの取引になるのでガス代がかからない特徴があります。

Coincheck NFTの概要

概要を下の表に示しましたので、ご確認してください。

サービス名Coincheck NFT
ローンチ年月2021年3月24日
対応チェーンイーサリアム(Ethereum)・ポリゴン(Polygon)
トークン規格ERC-721
入庫手数料無料(入庫時のガス代は自己負担)
出品手数料無料
販売手数料販売価格の10%負担
出庫手数料イーサリアムのNFT→0.01ETH
PolygonのNFT→無料
対応通貨種類22種類(BTC, ETH, MONA, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, XLM, QTUM,BAT, IOST, ENJ, PLT, SAND, DOT, FNCT, CHZ, LINK, MKR, DAI, Polygon)
対応ウォレットMetamask
取り扱いNFTEternal Crypt - Wizardry BC -
OASIS COMMUNITY PASS
ANREALAGE
キャプテン翼
SEKAINOOWARIKARA
GENSOKISHI ONLINE
MEMBERSHIP
THE KEY
Mutant Ape Yacht Club
ENS
3D Generativemasks
Moonbirds
Otherside
Generativemasks
The Sandbox
ArtBlocks
Decentraland
Joyfa
Meebits
Sorare
NFTトレカ
CryptoSpells
Coincheck公式サイトから引用

上の表を見ると、NFTでは有名な『The Sandbox』『Sorare』、また世界最大級の人気を誇るNFTである『BAYC』から派生したプロジェクトである『MAYC』があることが確認できますね。

Coincheck NFTの2つのデメリット

Coincheckの登録・口座開設が必要

Coincheck NFTを利用するには、まずはCoincheckの登録と口座開設が必要です。

下のバナーを押して、登録画面に飛びましょう。

コインチェック

スマホアプリ(IOS版)での使用が出来ない

現時点(2023年9月30日)では、Coincheckアプリ(IOS版)でのCoincheck NFTの利用が出来ない状態です。

現在利用できる方法は、下記の通りです。

Coincheck NFTの利用方法(2種類)

  • コインチェックアプリ(Android)
  • Webブラウザ

IOS版に関しては、今後展開予定となっております。

Coincheck NFTの2つのメリット

豊富な種類の暗号資産で売買可能

売買できる仮想通貨の種類が豊富な点はメリットと言えるでしょう。

Coincheck NFTは取引所であるCoincheckと一体化しているサービスである為、Coincheckで取り扱っている仮想通貨で決済できるためです。

そのため、Coincheck NFTでは数十種類での仮想通貨を使ってNFTを売買することができます。

また、Coincheckをこれまで使っていた方は、所持していた仮想通貨を使って購入する事が出来るということです。

簡単かつ安全性が高い

CoincheckNFTは、初心者にも簡単に利用することができ、かつ安全性が高いサービスであると言えるでしょう。

OpenseaなどのNFTマーケットプレイスで使用する際は、『Metamask』等の仮想通貨ウォレットにNFTを保管する必要があります。つまり、自分で秘密鍵を管理する必要があるため初心者にとって不安な点もあるでしょう。

秘密鍵とは、暗号資産の所有者であることを証明するためのプライベートキーのこと。仮想通貨の送金を行う際には必要となっている。第3者にこの秘密鍵が知られてしまうと、資産が盗まれる危険性があるため厳重な管理が必要。

Metamask

Metamaskとは、イーサリアムブロックチェーンに対応した仮想通貨ウォレットの事。NFTやイーサリアムベースの仮想通貨を保管することが可能。

一方Coincheck NFTは、NFT専用のウォレットで管理してくれるので、ご自身で秘密鍵を管理する手間を省くことが出来るというメリットがあります。

Coincheck NFTの具体的な使い方

次に具体的な利用方法を説明します。また今回は、Webブラウザでの操作を前提としています。

まずはCoincheckの口座開設をしよう

Coincheckの口座開設をしていない方は、まずは済ませておきましょう。以下の記事で詳細に説明しております。

コインチェック(Coincheck)の登録方法

【最新版】コインチェックの口座開設から買い方まで完全解説

2023/11/12  

この記事を読まれている方は、 と思っている読者の方も多いのではないでしょうか。 コインチェックはこのような悩みを持つ初心者の方にとっても手軽に始められる仮想通貨取引所なのでおすすめです。そして、今から ...

Coincheck NFTを押す

Coincheckの登録が済んだ方は、以下の画面のようにサイドバーにある『Coincheck NFT』を選択しましょう。

次の項からは、実際にNFTを購入する方法や、入庫・出庫方法について説明していきます。

NFTの購入方法

次に実際にご自身なお好きなNFTを購入していきましょう。

購入する際は、そのNFTの価格以上の仮想通貨がご自身の暗号資産取引口座に入っている必要があります。

上の画面のように『Coincheck NFT』を押すと、次のような画面に遷移します。

今回は上の画面の『タイトル』で、『Sorare』のNFTを選択した前提で話します。基本的にはどのNFTでも操作は同様です。

▼選択すると、以下の画面に遷移します。最初の状態だと『SOLD(既に売れたもの)』と『出品中』が混在していますので、画面の青枠にある『出品中』にチェックを入れておきましょう。

▼実際にお好きなNFTを選択すると、以下のような画面が現れます。赤枠にある『購入確認』のボタンを押しましょう。

▼次に下の画面のように購入を押すと、購入完了です。

NFTの出品方法

次に上の項で購入したNFTを出品してみましょう。

▼まず、下画面のように右上の『マイページ』を押しましょう。

▼次に❶『取引履歴』を押した後、❷出品したいNFTの文字列がありますので押しましょう。

▼次に『出品』を押しましょう。

その後、受け取りたい仮想通貨を選択し、出品額を選択したら出品は完了となります。

NFTのオファー方法

NFTの『オファー』とは、2022年9月12日に新たに追加された機能です。オファーとは、NFTの購入者が希望の購入価格を指定し、NFTの所有者が承認した場合交渉が成立する仕組みのことを指します。

それでは、オファーの手順を説明していきます。

▼『オファーする』を選択すると、以下のようなポップアップ画面が現れるので、決済通貨希望価格を記入して『オファー内容確定』を押しましょう。

下の画面では、支払いに必要な通貨が入っていない状態ですので、『ウォレット残高が不足しているため購入できません』と記載されています。

オファーする際には今一度、取引口座に十分な仮想通貨が入っていることを確認しましょう。

これでオファーは完了です。

下にオファーをする際の注意点を記載しておきますのでご覧ください。

オファーをする際の注意点

  • 申請されたオファーは必ずしも承認されるとは限らない。
  • 先に別のオファーがある場合は、そのオファー金額よりも大きい金額でオファーをしなければならない
  • オファー申請するとオファー金額がロックされる。『他の人に購入された』『期限が切れる』『Coincheck NFTから出庫』されない限りは、ロックされた残高は売却及び出金をすることができない。
  • オファーが承認された後は、NFTの受け渡しと支払いが行われる。

Coincheck NFTで稼ぐ方法

Coincheck NFTで稼ぐ方法はいくつかあるので紹介します。

NFTを転売する

先ほどの手順で説明したように、一度購入したNFTを高く売却して差益を狙う方法です。これが主な稼ぎ方と言えるでしょう。

この方法で稼ぎたい方は、『NFTの購入方法』『NFTの出品方法』を見ながら転売を行ってみてください。

ただし、Coincheck NFTではNFTを出品した際に、出品価格の10%の販売手数料がかかりますので、注意が必要です。

自分で作ったNFTを出品する

上記の方法に加えて、自分が『クリエイター』となりマーケットプレイスにご自身のNFTを販売する事もできます。

『Photoshop』『illustrator』などのデザインツールを使って、NFTのデジタルアートを作るのが一般的です。

まとめ

今回はCoincheck NFTの概要からメリット、デメリット、実際にNFTを購入する方法まで画像を使って解説しました。

Coincheck NFTは、オフチェーンの取引が出来るのでガス代が無料であったり、CoincheckのNFT専用ウォレットを使えるため自分で秘密鍵を管理する必要性がないということが理解できたと思います。

このように、NFT初心者やまだNFTを購入したことがない方にはお勧めのサービスとなっておりますので、これを機にぜひ始めてみてください!

まだ、Coincheckの登録・口座開設が済んでいない方は、下記のバナーから済ませましょう。

この記事のポイント

  • Coincheck NFTは、ダウンロード数最大級である国内取引所の『コインチェック(Coincheck)』で展開しているNFTプラットフォーム
  • オフチェーンで取引ができ、ガス代が無料
  • 『Sorare』『MAYC』『The Sandbox』をはじめとした有名なNFTも取り扱っている。
  • Coincheckで取り扱う10種類以上の仮想通貨を、NFTを購入する際の決済通貨として利用することができるのがメリット。
コインチェック

-NFT