オーケーコインジャパン(OKCoinJapan)の評判や特徴を解説【最新版】 オーケーコイン・ジャパンの特徴と登録方法を解説【2023年12月】 | aruh Web3.0

広告 仮想通貨

オーケーコイン・ジャパンの特徴と登録方法を解説【2023年12月】

この記事を読んでいる方は、

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)について気になっているけど、プラットフォームとしての強みは何?

主要取引所(Coincheck)じゃなくて、OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパンを使うべき場面について知りたい!

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)の始め方を教えて欲しい!

と考えている方が多くいらっしゃると思います。

オーケーコイン・ジャパンは中国発の世界最大級の暗号資産取引所の日本支社ですが、Coincheck(コインチェック)やBitFlyer(ビットフライヤー)などと比較すると知名度が低いです。

実際にホームページで調べても関連記事が少ないので、OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)がどのような取引所なのか情報収集に苦労されている方もいらっしゃると思います。

今回はこのような疑問や悩みを持った方に対し、OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)のサービスとしての特徴について深掘って行きたいと思います。

Coincheck(コインチェック)などの主要暗号資産取引所と比較してどこが優れているのか、OKCoinJapanを使うべき理由はあるのかを解説して行きたいと思います。

2023年11月現在の最新情報を掲載しましたので、是非最後まで読んでいただけると幸いです。

オーケーコイン・ジャパンを今すぐ登録したい方は、以下のボタンから登録作業を進めて下さい。

オーケーコイン・ジャパンの登録はこちら

オーケーコイン・ジャパンとは

まずこのプラットフォームについて説明すると、

オーケーコイン・ジャパン

世界最大級の暗号資産取引所を運営する『OK Group』の日本支社。2017年9月に設立された。

まずオーケーコイン・ジャパンの母体である、『OK Group』が気になる方が多いと思いますので説明しますね。

結論から言うと、『OK Group』はかなり信頼度が高い世界的な暗号資産取引所です。

過去には世界三大取引所の1つとも言われており、Binance(バイナンス)とフォビと並んで注目されている取引所ですよ。

OK Groupについての情報を下にまとめました。

OK Groupの基本情報

  • 設立は2013年で、暗号資産やブロックチェーンに関する技術開発やサービス開発を行ってきた。
  • 中国の北京に本社を置く。
  • 最近社長のホンファン氏が、Twitter上でOKCoinがもう一つの仮想通貨事業である『OKX』と同じ名前にリブランディングされると発表した。

オーケーコイン・ジャパンの概要

概要を示した表を下に記載しましたのでご覧ください。

サービス名称OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)
会社名オーケーコイン・ジャパン株式会社
設立年月2017年9月19日
代表取締役馮 鐘揚
運営元OK Group(オーケーグループ)
取り扱い仮想通貨数35種類(BTC、ETH、ARB、ASTR、AVAX、ADA、ENJ、DEP、LTC、BCH、DAI、OAS、OKB、ZIL、BAT、DOT、EFI、ETC、XLM、FIL、FNCT、IOST、LSK、MATIC、PLT、QTUM、SAND、SHIB、SUI、TRX、XRP、XTZ、MASK、KLAY、DOGE)
※2023年12月3日現在、DOGEは12月下旬予定
取り扱いサービス・暗号資産の売買(取引所と販売所の2種類)
・OKJ BTC Index
・マーケットニュース
・ステーキングサービス
・Flash Deal
・暗号資産積立
独自通貨OKB(オーケービー)
※当プラットフォームは2021年6月28日から取扱を開始)

オーケーコイン・ジャパンの特徴

オーケーコイン・ジャパンの強み

国内の中では取扱通貨数が多い

現時点では海外取引所には劣りますが、Coincheck(コインチェック)と比較すれば『取扱仮想通貨数』の観点で言えば勝っています。

OKCoinJapan35種類(2023年12月3日現在)
Coincheck(コインチェック)27種類
bitFlyer(ビットフライヤー)22種類
GMOコイン26種類
BITPOINT20種類

このように、国内の取引所の中では比較的取扱仮想通貨の数が多いと言えるでしょう。

仮想通貨『SUI』の取扱を開始

また、最近だと2023年10月23日から『SUI(スイ)』と呼ばれる仮想通貨の取扱を開始しました。ちなみにSUIの取り扱いは国内取引所の中でオーケーコイン・ジャパンが初めてとなっています。

SUI(スイ)は将来性のある仮想通貨なので、念の為説明すると、

SUI(スイ)とは・・・

レイヤー1ブロックチェーンである『Sui Network』のネイティブトークン。Meta社の元社員(Mysten Labs)によって開発されたブロックチェーンで使われる通貨として知られる。

SUIは、上記のブロックチェーンである『SUI Network』におけるガス代の支払いに使われます。

『Sui Network』は、イーサリアムなどよりも高速処理が可能といった特徴があり、仮想通貨の送金作業をスムーズに行うことに繋がります。

つまりSui Networkによって『スケーラビリティ問題』を防ぐことができて、近年問題視されているガス代の高騰などを防ぐことが出来るということだね!

スケーラビリティ問題とは

ユーザーの取引量が増加することでブロックチェーンのブロックの容量の上限を超え、取引の処理速度や手数料(ガス代)の増加が起こる現象。

また、プログラミング言語である『Move』を利用している点も大きな特徴と言えます。

Move言語とは・・・

Meta社で開発されたプログラミング言語のこと。もともと『Diemブロックチェーン』のために開発されたブロックチェーンに特化した言語として知られる。

この言語は、イーサリアムのスマートコントラクトで根幹を担う『Solidity』と呼ばれる言語よりもセキュリティの高さの面で優れていると言われています。

従って、『Sui Network』はスケーラビリティ問題を防ぐと同時に安全に取引が出来るといった強みから、将来的にネイティブトークンであるSUIの需要が更に上昇する可能性を秘めています。

現在Moveをメインのプログラミング言語として利用しているのは、SUI以外に『Aptos』 『Starcoin』などが挙げられるよ!

ステーキングサービスが充実

オーケーコイン・ジャパンは国内取引所の中ではステーキングサービスが充実しているといった特徴があります。

ちなみにCoincheck(コインチェック)でもβ版でステーキングサービスがありましたが、現在は停止しているので国内取引所でステーキングをしたいと思ったら、オーケーコイン・ジャパンが非常にお勧めです。

オーケーコイン・ジャパンでは、現時点(2023年11月13日)で5種類の銘型でステーキングすることが可能です。

ステーキングできる銘柄利率は以下の通りです。

銘柄利率
TRX(フレキシブル)1.88%
TRX(30日)2.88%
TRX(60日)3.88%
PLT(フレキシブル)8.88%
PLT(30日)12.88%
PLT(60日)18.88%
ZIL(フレキシブル)3.88%
ZIL(30日)7.88%
ZIL(60日)10.88%
IOST(フレキシブル)1.88%
IOST(15日)3.88%
IOST(30日)5.88%
IOST(60日)8.88%
XTZ(フレキシブル)1.88%
XTZ(60日)3.88%
XTZ(90日)5.88%

オーケーコイン・ジャパンのステーキングのメリットは、引き出したいタイミングでいつでも引き出せる『フレキシブルステーキング』とロック期間がある『定期ステーキング』の2つが設けられている点です。

自分のリスク許容度(利率は低くても良いからいつでも引き出したいか、多少ロック期間があっても良いから高利回りを狙いたいか)と相談して、ステーキングをすることが出来るのは魅力的かと思います。

また、今後は『ASTR』と呼ばれる仮想通貨のステーキングが2023年12月から始まる予定ですが、最大利率が6.88%と国内取引所では最大の利回りを獲得することが可能となりますので、この点も注目するポイントだと思います。

国内取引所ではフレキシブルステーキングがない所もあるからね!

オーケーコイン・ジャパンステーキングの最新情報について深く知りたい方は、下記のボタンから公式サイトの『ステーキングガイドページ』に飛びましょう。

ステーキング情報はこちら

他社のステーキングについてもっと詳細を知りたいって思ったら、あわせて下の記事も見てみてください。

ステーキングに関する記事

ステーキングの利率や特徴の比較一覧【2023年11月最新】

2023/11/24  

この記事を読んでいる方は、 と思っている方も多いと思います。 国内関わらず海外のステーキングサービスも多いので、自分に合うサービスを選ぶのは結構大変ですよね。 今回はこのようなお悩みをお持ちの方のため ...

Flash Dealが充実

オーケーコイン・ジャパンでは『Flash Deal』と呼ばれるサービスもある点が強みです。

Flash Dealとは・・・

特定の仮想通貨で、期間限定で非常に高い利回りを得られるサービス。

このFlash Dealの年率が割と異次元なのでお勧めします。

直近ですと、先ほど説明した『ASTR』のステーキングサービス提供を記念して、2023年11月15日〜2023年11月22日までの1週間の間、『15日間ロックして年率88.88%』のFlash Dealを開催します。

最低申請数量は500ASTRとなっているよ!日本円に換算すると5500円くらいだから、決して手の届かない値段ではないね!

オーケーコイン・ジャパンの弱み

現物取引しか対応していない

現時点では、レバレッジ取引や信用取引が出来ない点に関しては物足りない部分かと思います。

レバレッジ取引とは

特定の口座に預けた証拠金を担保にして、証拠金よりも大きい金額を動かす取引が出来る取引方法のこと。

この点は初心者はそこまで気にする部分ではないかもしれないが、上級者にとっては少し物足りないかも知らないです。

オーケーコイン・ジャパンの登録方法

ここまで、オーケーコイン・ジャパンの特徴について説明してきました。

最後に登録方法について解説したいと思います。

まず初めに下のボタンから、公式ホームページに飛んでください。

オーケーコイン・ジャパンの登録はこちら

この後は下記の順序通りに進めていけば大丈夫です。

登録手順

  1. 『新規登録』画面で、ご自身のEmailアドレスとパスワード(8桁以上)を入力して、登録を完了させる。
  2. アカウントが発行されるので、次に携帯電話番号の認証を行う。
  3. 本人情報(お名前、住所、生年月日等)の入力を行う。
  4. 取引目的の入力
  5. 本人確認書類の撮影を行う→ekyc認証がお勧め(運転免許証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書のいずれか1つと顔写真の撮影で認証が完了する方法)

まとめ

今回は、オーケーコイン・ジャパンについての解説をしました。

記事を読んで、オーケーコイン・ジャパンは世界最大規模のOK Groupを母体としたサービスであり、信頼性は高いという事を知っていただけたと思います。

ステーキングサービスや『Flash Deal』のサービスも、仮想通貨初心者でも割と簡単に資産を増やすことが出来るので非常にお勧めですよ!

この記事のポイント

  • OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)とは、世界最大級の暗号資産取引所を運営する『OK Group』の日本支社。2017年9月に設立された。
  • 取り扱い通貨数は国内取引所の中では多く、現時点で32種類。
  • ステーキングサービスが充実しており、ASTRに関しては国内最大の利回りを誇る。
  • 期間限定のイベント『Flash Deal』で高利回りを期待できる。
  • 現時点では『現物取引』のみで、信用取引・レバレッジ取引はない。(今後は導入される可能性はある)
  • 2023年10月には『SUI』と呼ばれる仮想通貨も取り扱い銘柄に入った。

オーケーコインジャパンを登録したいと思った方は、以下のボタンから登録作業を行いましょう!

オーケーコイン・ジャパンの登録はこちら

-仮想通貨